ポストする June 30, 2016


廃車申請 バイク免許

かつての自動車免許には、大型免許と言う区分はなく、自動車免許を持っているだけで大型自動車相当の自動車を運転することができましたが、1956年に大型免許と普通自動車免許に区分され、一定の規模以上の自動車は普通免許で運転することができなくなりました。当時は18歳以上で普通自動車の運転経験がなくても直接大型から受験できましたが、相次ぐ大型自動車の事故により、1967年試験方法を改正し、大型免許の受験可能年齢を20歳以上で、かつ普通免許あるいは大型特殊免許を取得後2年以上の運転経験をもつ者に限定することになりました。..

原付を廃車にしたい人はこちら 廃車申請 バイク免許.

軽自動車の場合は「軽自動車検査証返納確認書」は再登録する際に必要となりますので大切に保管して下さい。例え自動車が自走可能であっても、ナンバープレートを返納するので運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に乗っていく事はできませんので注意してください。車を解体するかどうかわからないというときは、先にこの一時抹消登録をしておく必要があります。この場合は一時抹消登録申請と解体届出2度の申請が必要になります。一時抹消登録をした後、「名義変更も輸出もしない、もう乗らない」という場合は、解体後、廃車(抹消登録)することになります。この廃車手続きを解体届出といい、手続き方法は一時抹消登録とほぼ同じです。.. 廃車申請 バイク免許.

車輌総重量5トン以上11トン未満の自動車が、新たに「中型自動車」として定義され、大型車は11トン以上の自動車ということに,平成16年6月に交付された道交法の一部を改正する法律によりなりました。ただし廃車の場合は,業務用車両(緑ナンバー)や、「1」「9」などの特殊なナンバーの車両以外の手続きは普通自動車とまったく同じです。..



廃車申請 バイク免許 - 説明