ポストする June 6, 2016


車両とは

◆電動バイク(スクーター) 電動バイクは、買い物や近距離通勤の顧客を対象に、排気量50ccの原付きバイクに対抗して販売された。原付に比較して手軽で、免許なしで公道を走れると謳っている場合もあるが、実際には原動機が内燃機関(エンジン)ではなく電動機であっても、定格出力が0.60kw以下は原付とされるのである (道路交通法第2条第1項第10号)。市町村にナンバー登録すれば公道走行することができる。したがって、道路交通法ならびに道路運送車両法上の原付に該当する基準を満たしていなければ公道を走ることはできない。.

大阪環状線に導入新型車両とは??はたいして・・・・・ 車両とは.

軽車両と道路交通法自転車の定義は道路交通法第2条に「ペダル又はハンドル・クランクを用い、かつ、人の力により運転する2輪以上の車であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであつて、総理府令で定める基準に該当するものを含む)と定義されている。軽車両は、自動車、原動機付自転車、トロリーバスとともに、道路交通法では「車両」に含まれる。軽車両は路側帯を通行することができ、道路の左側端に寄って通行しなければならない。車両であるので、自動車と同様飲酒運転は禁止されている。道路交通法第117条の2で、自転車の飲酒運転は禁止されている。違反すると、3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金となる。現実には警察は大目に見ている。次の行為も違反として扱われ罰則が規定されている。ただ、道路交通法で、自転車または軽車両とある事項は自転車に適用されるが、実際には車輌とある事項の全てが自転車に適用される訳ではない。 下記に、軽車両に適応される罰則を記述するが、実際には運転免許証を必要としない自転車の運転では行政処分もなく、おとがめなしということが殆どのようだ。. 車両とは.

- 道路交通法 第二条 第一項 第八号 -- 道路交通法 第二条 第一項 第十一号 -- 道路交通法 第三条 -.



車両とは - 説明