ポストする June 19, 2016


車 廃車 方法 翻译工具

153: 風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/28(日) 15:57:56.50 ID:ogJArLNe0.net

車 廃車 方法 翻译工具.

312: 風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/28(日) 16:37:24.16 ID:KLkDrwgX0.net 車 廃車 方法 翻译工具.

どうやら、チリからボリビアの国境に迎えに来るバスが雪で運休してるらしい。ここまで来て、ウユニに戻る!?ドライバー曰く、他に手段はないらしい。少し経つと、一部の車は引き返し始めた。徐々に空も晴れてきたので、私達はバスの運転が再開されるのを信じて国境で待つことに。時間潰しに、みんなで国境で大富豪したり、近くの山の麓で大の字で寝転んだり、…なんてしながら、一時間経った頃、チリ側から車が!続々バスもやって来た!!ボリビアの出国スタンプを既にウユニで押してきた私達は、イミグレーションの列に並ぶことなく、そのままバスに乗りチリの国境へ(バスチケットは予めツアー会社で入手済み)。バスで山を下ること約40分、チリの国境へ到着!!持ち込み検査が厳しいというチリですが、軽く荷物検査をし、5ヶ国目、チリに入国!!(…って安心してのんびりトイレに寄ってたら、バスに置いていかれそうになりました。)国境を通り抜けてほんの少し走ったところで、ボリビア→チリへの国境バスをおろされる。早速みんなで今夜の宿探し。どうやらチリの物価は上がっているらしく、事前情報よりどこも高め。ひとまず、バスターミナルに行き、各々次の目的地へのバスを調べる。バスターミナルからすぐ上に見えるところに無事宿も確保(6,000ペソ.wifiはあっても繋がらない)。ここで、一緒に来た内の二人は10分後に出るバスに乗るため、お別れ。天気にはそこまで恵まれなかったものの、メンバーもみんないい方たちで、内容も盛りだくさんのとっても楽しい1泊2日の乗り合い旅行でした。去り行く二人に別れを告げ、残りのメンバーで、アタカマの街散策へ。 Tweet Like■ [PR]



車 廃車 方法 翻译工具 - 説明